お金が増えたか減ったか - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お金が増えたか減ったか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
なんかいた。

おはようございます、その名も「カモメン」。


昨日からの続き、超簡易経営判断指標。
方法はいたって簡単です。


1.どこかスタートの日付を決めます。
2.どこかゴールの日付を決めます。
3.スタートとゴールの間に新しく借金を
 していないか、確認をします。
4.スタートよりもゴール時点で現預金の
 残高が増えていれば経営は成功、
 残高が減っていれば経営は何かが悪い。
5.3で確認した借入金がある場合、
 ゴール地点での残高からその分を引く。


以上です。
要するに

・金が増えていれば成功
・金が減っていれば失敗

という非常に単純な方法です。
おそらく、これが自分だけでできる最良の
経営判断方法なのではないかと私は思います。


失敗している場合、今の進め方を変える何かを
始めなければなりません。


この項、明日まで続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)