幻 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
バーベキューまで。

おはようございます、畜産系の高校が出展していました、旨いです。


昨日からの続き、利益を経営判断の決め手にしては
いけない理由について。

ごく簡単に言ってしまうと、
「利益と現預金には直接的なつながりはない」
ということが最大の理由です。


私が書いた本においてもこの点は何度も指摘して
いるのですが、例えば

・利益が100万円あった
というのは
・現預金が100万円増えた
ということにはならないのです。
新規借り入れや既存の借入金返済など、
実に様々な要因で利益の数字と現預金の増加額は
乖離していくことになります。


この乖離が、企業を突然死に至らしめる最大のポイントです。
つまり利益をあてにして経営判断をしていたところ、
実際には資金繰りが追いつかずに倒産した、なんて
ケースが腐るほどあるのです。


だからこそ、利益を計算するための財務諸表である
損益計算書を経営判断の決め手にするのは非常に
危険なのですね。


この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)