財務諸表の使い方 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

財務諸表の使い方

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
船上より。

おはようございます、普段見ない方向から建物を見ると新鮮ですね。


一昨日の税金セミナーにおいて、私は一番最初に
次の点について説明をしました。

・所得とは要するに「もうけ」のことである。


さて、儲けを把握することはとても大切です。
自分が商売からいくら儲けているのか?ということを
知らなければお話になりません。
また、税制を考えるにあたって、利益はとても
重要な意味をもちます。
なぜなら、課税対象は基本的に利益だからです。

会計帳簿を処理した結果、儲け=利益を計算する
書類は

・損益計算書

と呼ばれます。
おそらく名前を聞かれたことはあるかもしれませんね。


しかし、実は私自身、お客様に常日頃から言っているのは
こんなことだったりします。


「損益計算書は適当に読むくらいにしておいて下さい。
 これを信じすぎると、ろくなことになりませんから。」


この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)