金融商品の選び方 - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

金融商品の選び方

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
その他

金融商品の選び方



様々な金融商品がある。
これからは年金は自分で作るもの。
今までみたいに「みんなと同じ様に銀行に預けて勝手に増える」
なんてことに期待してたら将来絶対ビンボー。
勉強しましょう!
金融商品を買うときに注目するのは
やっぱり
「どの商品が一番お金がたまるのかな?」
ということでしょ。
でもパンフレットみても
利率○%とか利回り○%とか、
なんか言葉が違ってなんのことかな、とか思うでしょ?
●利率とは?
金利とはお金を借りた人が払う使用料。
わかりやすく言うと
Aさんが銀行に元本100万円を預けて1年後に101万円に増えたとする。
この1万円は銀行屋さんが
「100万円をAさんに借りて商売をさせていただきました。ありがとう。」というもの。
つまりこの商品は利率1%の商品ということになるわけ。
●じゃあ利回りってなに?
これは、
預けるお金(元本)が変動する金融商品に使われる言葉。
支払われた利息の合計を運用した年数で割ったもの。
たとえば
1 100万円×1%=1万円の利息がついた。
これを5年続けたら5万円増える。
2 100万円×1%=1万円の利息がついた。
2年目は101万円×1%=10100円の利息がついた。
と、こんな具合で5年続けたら1より得する。

2はこのように元本が変動するケース。
利回りというのはこういう商品に使われる言葉。  
●どうやって比較するか?
何年か預けるなら年平均利回りを聞きこう。
たった一言
「この商品は年平均利回りに換算してどのくらいなの?」
ときけば大体比較ができる。




6927

こちらをどうぞ↓
保険業界で頑張る社長のblog

ファイナンシャルプランナー 森 和彦