不況時の効果的な空室対策 - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不況時の効果的な空室対策

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
賃貸経営…大家さんになったら… 賃貸の現場から
        ・・・EMPメルマガ2009年12月11日号・・・


弊社の管理している物件に
渋谷の飲食専門ビルがあります。

現在営業中の和風居酒屋さんから9月に解約予告が入り、
12月末で退去することになりました。

募集に関して、
以前は一日に数件、多い時は10件以上の問合せがあり
ほとんど空室期間がなかった物件ですが、
今回はまったく様子が違います。


帝国データバンク発行の新聞によると
最近飲食業の倒産が増えており、
特に居酒屋系は飲食業全体の40%近くを占め、
大変厳しい状況にあるとのこと。

この逆風下ですから、
新規にお店をオープンしようとする人も
少なくなっています。


募集を始めて約3ヶ月。
ここまで苦戦すると思っていませんでしたが、
ようやく申込みが入りました。

申込みの決め手になったのは、
保証金の値下げとフリーレント。


保証会社との契約を条件に
保証金を賃料の15ヶ月分から8ヶ月分に下げ、
1-2月の閑散期を支援する目的で
その期間をフリーレントにしました。

また、礼金2ヶ月分→ゼロにし、
その代わり
退去時に保証金から2ヶ月分を償却するようにしました。

とにかく初期費用を少なくする募集戦略を取ったわけです。

この条件で募集を開始し
5日ほどで今回の申込が入りました。


住居系物件でも同様の流れがあります。

「とにかく初期費用を抑えたい、
 ダブリ家賃を抑えたいというお客様が非常に多い。」と
多くの客付専門業者さんから聞きます。

とくに最近はなりふり構わず
「来年4月からの入居OK」などという
TVコマーシャルを流している会社もあるためか、
「即入居可」の物件に
4月からの賃料発生で申込をしてくる学生さんなどが
増えています。


HOME’Sマーケットレポート(10月度)によると、
東京のワンルーム、1DKの平均敷金は前年比▲10%、
礼金にいたっては▲21%(対前年)になっています。

神奈川も礼金が▲22.1%(ワンルーム・対前年)。

千葉、埼玉にいたっては
「礼金を設定すること自体が難しくなっている状況」
とレポートしています。


1-3月は多少改善するものと期待していますが、
賃貸のオンシーズンとはいえ
景気が本格回復しない限り
この流れは変わらないかもしれません。

「とにかく安く」
これがキーワードです。


ただし、
「一時金を安くした分賃料は高くする」
といったことはご法度です。

むしろ賃料も
競合物件より低めに設定する。
こうしなければ、
一時金下げの効果は半減してしまいます。


賃貸物件を探す人も
予算には非常にシビアになっています。




       株式会社イー・エム・ピー
       代表取締役 中村嘉宏:談




※会員に登録いただけると、
EMPが厳選した新着物件情報をその日のうちに毎日配信中。
最新版をご希望の方はご登録を。(登録無料)
 ⇒ご登録はこちらから


※高いコンサルティング能力と非公開情報の提供。
 プロの目線で、皆様の投資をサポート。
 ⇒不動産投資を成功させるなら、EMP