メキシコで、“サムライ”復活!? - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

メキシコで、“サムライ”復活!?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんばんは!

今日の東京は、雨と共に、気温が下がって寒い一日となりました。
来週には、一段と気温が下がって、“冬本番”となるようです。

気温と共に下がり続けていた株価のほうは、一段落して、日経平均は“1万円”を回復しました。
外国人も買い越しに転じたようですが、「日本の方向性」が明示されない中、一時的な動きと見たほうがよいでしょう。


さて、メキシコ政府が、何と9年ぶりに「サムライ債」を発行するようです。
「サムライ債」とは、円建で発行される外国債券のことです。

前回が、2000年の9月でしたので、9年ぶりの発行となります。

メキシコも金融危機やインフルエンザの流行などで、景気が大きく落ち込み、税収が減少したため、今回外貨での資金調達に踏み切ったようです。

発行額は1500億円で、私募形式により、機関投資家向けに発行されます。

期間10年で、金利は2%後半となりそうですが、資金の運用先がない国内金融機関が購入するのではないかと思います。


それにしても、日本も税収以上の国債を発行するのが「確実」となった中、今後、“国債の格下げ”も現実味を帯びてきました。

そうなった場合、日本国の“信認低下”で、一挙に「円安」に動く可能性も考えられます。

先行きの見えない展開が、しばらく続きそうですね。


日本では、“サムライ復活”とは、まだまだ行かないようです。


さて、今日は寒いので、テキーラでも飲んで寝ましょうか・・・(爆)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム