生命保険 必要保険金額の考え方 - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険 必要保険金額の考え方

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険

生命保険 必要保険金額の考え方



あくまでも一般的な考え方ですがこういう考え方があります。

遺族生活資金=死亡保険金
遺族生活資金=(家族の生活資金+妻の生活資金)−公的年金(遺族年金等)―死亡退職金−弔慰金−預貯金

家族の生活資金=現在の月間生活費×0.7×12ヶ月 ×末子22歳までの残余年数

今だんな様が30%も使ってることになります。

妻の生活資金=現在の月間生活費×0.5×12ヶ月 ×末子独立後の妻の平均余命年数

妻ひとり生活していくには今の生活費の半分くらいはかかるということです。

実際足りてるかどうか、自分の保険代理店に聞いてみよう!





6914

こちらをどうぞ↓
保険業界で頑張る社長のblog

ファイナンシャルプランナー 森 和彦