耳が痛い - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

中村 泰彦
有限会社ワイ・エー・エス 代表取締役
東京都
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

耳が痛い

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
今日のひとこと
化粧をする時やヒゲをそる時は鏡が必要ですね  
鏡がなかったら、どんなメイクになっているか分りませんし、ヒゲを剃っても傷だらけでしょう

これは怖いです 

*****************************

当たり前の話ですが、私たちは自分の顔を肉眼で見ることはできません

鏡、ビデオや写真など、自分の顔を見るためには何らかの媒介物(メディア)が必要です

でなければ、自分がどんな顔をしているのかも分らないのです

なぜ、こんな話をするかと言うと

自分自身のことって意外と分らないものだなぁ・・・と思うからなんですね

自分では一生懸命に前に進んでいるつもりなのに

違う方向に行っていたり、時には後ろに進んでいたり

それぞれが一生懸命にやっているから本人は夢中で分らない

まぁ、顔も見られないのですから当たり前なんですが ・・・

でも、そんな時に 「OK! そのまま前に!!」 とか 「違うよ!!」 って言ってくれる存在

すごく大切です

鏡のように自分を写してくれる存在がなければ、自分の姿を見ることはできないのですから・・・

*******************************

恐らく、自分自身が正しく前に進んでいるかどうかは別にして

「そのまま前に!」って言ってくれる人はたくさんいるかもしれない

そりゃ、自分を承認してくれるのですから、周りは気が楽だし言われた方も悪い気はしないはず


でも、本当に大切なのは「違うよ!!」って言ってくれる人だと思います

言われた方は一生懸命にやっている訳で、気分が良い訳がないから言いにくいと思う

でも、「そりゃ駄目だよ!」って勇気を出して言ってくれる

そんな人ってすごく貴重な存在

そのためには、本人に向き合わなけりゃいけないし、もしかしたら嫌われるかもなんてリスクもある

でも、それにもかかわらず、ちゃんと指摘してくれる

そんな人の存在って本当に大切だと思います

********************************

誰だって、きっと周りにそう言う人はいるのだと思う

ただ・・・ 自分自身が受け容れるかどうかは別の話

そして、ずっと受け容れない自分でいるとしたら

気づいたら、周りにそんな人はいなくなっているかもしれません

だから耳は少々痛いかもしれませんが、そんな言葉に素直に耳を傾けてみましょう

きっと、何か得るものがあるはずです