クラウド・デバイスという考え方 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
福岡 浩
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

クラウド・デバイスという考え方

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はクラウド・デバイスについてのお話です。

先月、都内でAndroid開発者向けイベントが開催され、開発者コミュニティの存在感をアピールしました。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091130/341285/

リンク先の記事には、興味深いことが書かれています。

・iPhoneやAndroid(搭載端末)は単なる電話機ではなく、「クラウド・デバイス」ととらえるとすっきりする
・クラウドの側から見れば、最も数量が多い端末は、パソコンではなく携帯電話である
・クラウドとiPhone/Android搭載端末などクライアントの両方が連携することで、まったく新しいパーソナルメディアが誕生するだろう

クラウド・デバイスという考え方は、おもしろいですね。

従来のハードウェア的思考からの脱却です。
クラウドというある種のインターネット基盤が思考の中心にあり、端末はクラウドに接続することが前提という考え方です。

クラウドと端末が連携することが前提という考え方にたてば、もっと手軽に、もっと高機能なサービスを、もっと多くの人に提供できる時代が来ることは間違いないでしょう。

パーソナルメディアとして個人で楽しむのはもちろん、企業としてビジネスでの活用が進むことで、多くの中小企業がメリットを享受できるはずです。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)