UFO一筋50年 - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

UFO一筋50年

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
Unidentified Flying Object。
略がUFOです。
元々は米空軍で、未確認飛行物体を指す言葉として使われていました。
一般では地球外生命体の乗物の意でよく用いますが、本気にするかどうかはさておき可能性の追求は大きな夢を感じます。
ところが人間の好奇心とは尽きないもののようで、この研究に50年以上もの月日を費やした政府組織がありました。

英国防省は、未確認飛行物体調査部門の廃止を決定。
不況による予算削減の一環で、長く続いた名部門に終止符が打たれました。
調査において国防上のメリットは見つけられず、部門予算は今後アフガニスタンでの治安維持活動などに割り当てられるそうです。

科学は万能ではありませんし、ヒトが知り得る宇宙の範囲はごくわずかです。
ただその狭い科学や物理学の範囲で考察すると、UFOはなかなか存在し得ないようです。

地球外生命体が人類の知る範囲外から来訪してくる場合、極端な長寿生命体を除いてUFOは光以上の速度で飛行する必要があります。
この場合UFOはいわゆるワープ(宇宙空間歪曲航法)をする必要がありますが、ワープはいわば離れた空間と空間を無理やりひっつける作業で、この作業には膨大なエネルギーが必要になります。
その量は、宇宙に存在する全エネルギーの100億倍。
このためワープは理論上不可能とされています。

ところで気になる研究結果ですが、同省は包み隠さず50年の成果を明かしました。
「英国にとって、脅威となる地球外生命体の存在は発見されなかった。」


☆Adualが運営するサイト『生命保険アカデミー』はこちら
http://www.adual.co.jp
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。