お金が残る家とは?をセミナーで公開予定 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お金が残る家とは?をセミナーで公開予定

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
セミナー情報

「お金が残る家とは?」12月13日の広島セミナーで公開



来週の13日に広島で開催する「建築家との家造り勉強会」ですが、
残席が数席になってきています。

さて、「お金が残る家とは?」といきなり書いていますが、これは
今週発行したメルマガでも書きました。

 http://archive.mag2.com/0000165604/index.html
 ↑お金が残る家と残らない家の黄金法則

さて、その「お金が残る家」のポイントは、
 ●誰に家造りを依頼するか?
 ●どれだけのお金をかけるか?
 ●どこに建てるか?

になってくるでしょう。もちろん、この根底には私のコラムでも
提唱している「家を手に入れることでどんな幸せを育みたいか?」
という思いも重要です。

ただ、その思いだけがあったとしても、上記のポイントを外すと、
幸せを育む住環境を手に入れることは困難になるでしょう。

今回は、上記の3つのポイントについて詳細をお話しする以外にも、
私が懇意にしているお金の専門家の中村氏にも「お金の専門家から
見る、住宅予算の考え方」をお話いただきます。

今の住いがお金が残る家なのか?これから考えている住いがお金を
残してくれる家なのか?は、この経済不安の世の中でもとても大切な
視点でしょう。

今回具体的にお話しする内容は下記の通りです。
 
  ▼具体的な家の建て方の方法には3つある。その方法とは?
  ▼3つの方法のそれぞれのメリットデメリットとは?
  ▼自分たちに一番合った建て方を選択するためには?
  ▼自分にとって建築家との家造りの可能性はどこまであるか?
  ▼具体的なお金の中身を知って賢く投資する方法とは?
  ▼住宅購入の予算の正しい考え方
  ▼ローンは組める?それとも払える?どちらの感性が大切?
  ▼現在の経済の動向と家造りのタイミングの考え方とは?

今回は広島での開催で限定12名になります。
すでに数名のお申し込みをいただいていますので、興味がある人はHP
をご覧いただいてお申し込みくださいね。

開催日時 2009年12月13日(日)10:00〜12:30
開催場所 広島市まちづくり市民交流プラザ
参加費  3000円
お申し込みは下記からか、または info@keizo-office.com まで直接
メールでどうぞ
http://www.keizo-office.com/kentikukaie091213.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「セミナー情報」のコラム