中国特許判例紹介:模造ミシン外観設計特許権侵害事件1 - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

河野 英仁
河野特許事務所 弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中国特許判例紹介:模造ミシン外観設計特許権侵害事件1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
   中国特許判例紹介:模造ミシン外観設計特許権侵害事件
      〜人民法院の類似判断〜(第1回) 
   河野特許事務所 2009年12月7日 執筆者:弁理士  河野 英仁

             重機株式会社
               原告
                v.
          標準ミシン機械有限公司等
               被告

1.概要
 外観設計(意匠)は中国において発明創造の一つとして出願でき、(専利法第2条*1)、実質審査を経ることなく、外観設計特許が成立する(専利法第35条)。本事件においては工業用ミシンに外観設計特許権が付与された。

 原告は特許取得後、原告外観設計特許を模倣した工業用ミシン(以下、イ号ミシンという)を被告が製造及び販売していることを発見した。原告は証拠収集を行い北京市第二中級人民法院へ提訴した。

 被告のイ号ミシンと特許に係る外観設計とはよく似ているものの、完全に同一ではなく、多くの部品の形状、配置位置が相違しており、被告は特許に係る外観設計とは類似しないと主張した。人民法院はこれらの相違は微細に過ぎず類似すると判断し、原告の請求どおりイ号製品の製造・販売の即時停止、及び、損害賠償を認めた。
                                   (第2回へ続く)

 ソフトウェア特許に関するご相談は河野特許事務所まで 
 |  コラム一覧 |