欧州中央銀行、ついに動く! - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

欧州中央銀行、ついに動く!

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんばんは!

さて、ここにきて、欧州中央銀行(ECB)が金融政策の「出口戦略」に着手しました。

金融政策の正常化を目的に、金融機関への貸付期間の短縮を表明しています。

従来、最長3カ月だった貸付期間を、金融危機に際し、段階的に1年間に延ばしてきましたが、それを元に戻すとしています。

具体的には、年内に期間1年の貸出措置を廃止し、その後来年3月までに期間6カ月措置も撤廃予定です。

これによって、当初の最長3カ月の貸付期間に戻す予定としています。


いまだ、ユーロ圏の景気先行きは不透明ではありますが、最悪期を脱したとの判断とインフレへの対応も考えた決断といえるでしょう。

ただ、現在「小康状態」となっている“ドバイ・ショック”は、欧州銀行からの貸出残高が多いだけに、将来の不安材料であるのは間違いありません。

ECBの現時点における最大の関心時は、この“ドバイ”の動向ではないかと思います。


世界経済への影響も大きいだけに、ここはしっかり“ウォッチ”しておきたいところですね。


さて、本日、メルマガの発行日です。

お陰様で、メルマガも“発行丸6周年”となりました(嬉)!

今回は、“6周年”を記念して、様々な特典、特別企画が盛りだくさんです!
是非、ご購読ください。
http://www.mag2.com/m/0000121186.html

また、明日の有料メルマガでは、“ドバイ・ショック”や最近好調な“債券ファンド”のご紹介もしていますので、こちらも合わせてご覧ください。
http://www.mag2.com/m/P0007911.html

それでは、良い週末を!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム