ターゲットに受け入れられるサイトにしましょう - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

吉村 昭二
取締役 Webソリューション事業部
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ターゲットに受け入れられるサイトにしましょう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
SEO対策
ターゲット像を想定することはWEBビジネスの基本です。

SEO対策の前に考えるべきは、まずターゲットとニーズです。

ウェブサイトを作るうえでも、ターゲット像を想定したうえで、デザインやコンテンツを考えていきます。
ショッピングサイトを作る上でも商材によってターゲットは大きく変わります。

何かサイトでプロモーションを打つにしてもターゲットを明確にしてページ制作を行っていきます。ターゲットのイメージが無ければページの制作においても、明確なデザインがあがってくることはないでしょう。

検索で上位に上げたいから作るのではなく、最初に誰に何を売りたいのか?

意外とそこを考えておらず、「商品を売りたい」=SEOとい考え方を持っている方もいます。

売りたいターゲットを明確にして企画からしっかり考え、ターゲットをしぼりニーズに合わせたデザインを作りキーワードを抽出していく、キーワードは企画ありきで考えた方がより明確なキーワードが選定できます。

キーワードは企画の中から生まれ、そのワードのニーズをしぼっていく

最近単純に「このキーワードで上げてくれ」と言われますが、そのキーワードで間違ないのかどうかをしっかり判断しなければなりません。テクニックや検索上位にとらわれすぎて重要なことが忘れがちになりますが、最終的にはコンテンツの質が重要です。

ウェブサイトの設計で段階で誰に見てもらいたいのか?どうしてほしいのか?ここらへんのことをしっかり明確化しておかなければなりません。