車を買うのはいつがいいか? - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

車を買うのはいつがいいか?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
損害保険

車を買うのはいつがいいか?



一般的に車が安くなると言われる時期は、決算時期の3月、9月とボーナス商戦の6月、11月です。

では、他の時期では本当に安くならないのか?

実は購入のタイミングによっては他の時期の方が安くなる事は多々ありますのでそのポイントを上げてみます。

購入を検討されている方は参考にして下さい。

1.まずは!
購入する際には何車種か見積を出し競合する事は皆さんされていると思います。
その際、希望の車種が決まった場合は、できれば同じ車で競合させるのが値引きを引き出せる方法です。もちろん違う販売会社で競合しないと意味ないですよ。

同じメーカーの名前が付いた販売会社でも、販売会社自体は別会社なので他メーカーの販売会社と同じ他社です。

2.いつがいいの?
前提として、購入した月内に登録(車検証ができあがる)ができる事が重要です。
営業マンもその月内に登録できるかを考えながら話をしてきます。

ア 4月・・・意外と安くなる時期です。理由は、全般的に売れないからです。
  決算がすぎ、月末にゴールデンウィークがあるため、出費を抑える方が多いため
  営業マンとしては値引きしてでも商談を成立させようとします。

  ポイントとしては、2月〜3月ぐらいに一度見積りをもらいある程度の値引きを引き
  出しておき、購入する際、最終の価格を求める。

  注意点としては、小型車を下取りにされる方は3月までの方が良いと思います。

 理由は、各販売会社が決算の台数確保のために会社名義で小型車を大量に登
 録します。

 すると4月に中古車市場で小型車があふれるので下取り価格が上がらないのです。

 したがって、小型中古車を購入する場合はねらい目となります。

イ 7月末〜8月初・・・
 一般的なお盆休み前(8月10日前後)までが勝負です。ボーナス商戦も落ち着き、
 購入者が減ってきます。販売会社も売れない時期なので、お盆休み前にある程度
 台数を確保したい意識が働きます。
 お盆が終わると、9月決算に向け購入者が増えてくるので初旬がねらい目です。

ウ 12月・・・
  ボーナスがでると一気に売れなくなります。
  この月も同様に年末年始を控え何かと出費があるため購入者が減ります。
  この時期に購入する際は、すぐに年落ちすることを理由に値引きを
  引き出しましょう。
年落ちとは例えば平成17年12月25日に登録が終わり納車された場合、1週間後の平成18年1月1日にはすでに1年前の車と同じ扱いになるのです。

これは数年後の下取価格に大きく響いてきます。
短い期間3年〜5年で買い換えを予定される方にはあまりおすすめしない時期です。

6817

こちらをどうぞ↓
保険業界で頑張る社長のblog

ファイナンシャルプランナー 森 和彦