国税庁が、質疑応答事例集を更新しました - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国税庁が、質疑応答事例集を更新しました

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
所得税
国税庁が、質疑応答事例集を更新しました【所得税】

【法人と個人の税金対策に役立つ神戸の税理士のメルマガ】

皆さんは、国税庁のHPで毎年よくある質問を
質疑応答事例集で、公開しているのをご存知でしょうか。

今年も、平成21年7月1日現在の法令に基く質疑応答の事例集を
HPで更新したようです。

その中から、一部を紹介させていただきます。

【事例】昨今の不景気の影響で、ご自宅を買換えしたけれども
その翌年に更に、引越しせざるを得ない事例があるようです。
その際の節税に関する質問が下記URLに記載されています

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/joto/18/20.htm

専門用語ばかりで判りにくいかもしれませんので簡単に説明
させて頂きます

【解説】最近は、自宅を売却しても当初の取得価格よりも
安い価格でしか売却できないケースが多いようです。
その場合、新居を購入するための住宅ローンを新たに契約するなど
一定の要件を満たせば、自宅売却によって発生した売却損を
損益通算できるという特例があります。

しかし、新居を購入した年に更に新居を売却して引越しする
場合にも、この特例を適用できるのかどうかについて問い合わせが
あったようです。

国税庁の回答では、適用できるそうです。つまり、特例の適用要件に
『新居に継続して居住しなければならない』という条件が無いからです。

この特例(租税特別措置法41条の5)が立法化されたころは
まさか、ここまでの不景気は想定の範囲外だったんだと思います。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【神戸の税理士が毎週配信している法人税・所得税・
 相続税に関する、最新情報と節税に役立つメルマガ】

 近江清秀公認会計士税理士事務所のURL
http://www.marlconsulting.com/
 ALLABOUT PROFILEのURL
 http://profile.ne.jp/pf/oumi
神戸の税理士 近江清秀のBLOG
 http://marlconsulting.typepad.jp/
 相続名義変更アドバイザー税理士のHP
 http://fpstation.souzoku-zeirishi.com/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【編集後記】
JALの再生で、知名度が上がった『株式会社企業再生支援
機構』ですが、実は平成21年10月に設立された法人で、
JALのような大企業のみならず、中小企業の再生も支援
する専門の窓口があります。詳細は、公式HPを
ご覧ください。http://www.etic-j.co.jp/index.html
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
東京マラソンHP
 http://www.tokyo42195.org/
アースマラソンHP
 http://www.earth-marathon.com/
民主党マニフェストHP
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/index.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「所得税」のコラム