病気から病人へ・・患者サイドに立つ重要性 - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

陽開カイロプラクティック 
カイロプラクター
045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
吉川 祐介
(カイロプラクター)
市原 真二郎
(カイロプラクター)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

病気から病人へ・・患者サイドに立つ重要性

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
腰痛の今
前回のコラムで、福島県立医科大学副理事長・病院長の菊地臣一氏の話をご紹介しましたが、その続きで、とても重要なことをおっしゃっていますので、そのこともご紹介しましょう。

それは、医師と患者との腰痛に対する意識の違いです。
患者本人と医師との間には、腰痛の受け止め方にも違いがあり、来院する患者のなかには「重篤な疾患が原因ではないかと恐れ、診断を希望して受診」、''「治療よりも痛みの除去を希望」''、''「孤独を癒すために受診する」''など、患者により医療機関を受診する理由が異なるといいます。このような患者側の希望に対応するためには、診療する際の視点を''病気''から''病人''へと変換し、''Cure''のみならず''Care''を重視した診療姿勢も重要であると述べています。

患者にとっては サイエンスより、むしろ目の前の医師の積極的な診療姿勢こそが病気と闘う意欲を与えている点を念頭に置いたものであり、以上の菊地氏の指摘は「患者サイドに立った診療の重要性」に基づくものです。

私の常々感じることではありますが、また改めて自己を問いたいと思いました。

山中英司

関連コラム
「腰痛は意識改革が治癒の鍵?!」
「医師の態度が回復を遅らせる?!」

治療院のホームページ http://www.hikaichiro.com/
私のブログ http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/
治療院のブログ http://hikaichiro.blog73.fc2.com/
治療院外活動ホームページ http://jocoso.jp/hikaichiro/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カイロプラクター)
陽開カイロプラクティック 

「体は心の鏡」 体の解放は、心の解放からはじまります

臨床を通して痛感することは、体は心の鏡のような存在だということ。様々な症状の裏には、もう一人の自分からのメッセージが隠されています。カラダを診るプロフェッショナルとして、クライアントの心とも真剣に向き合うことを信条にしています。

045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「腰痛の今」のコラム