子供にとっての家とは? - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子供にとっての家とは?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
子供の住環境を考える
宇宙飛行士で著名なラッセル・シュワイカート氏の言葉に「胎児はお腹から出て、はじめて自分が母親と別の存在だと知るのです。人類もはじめて、地球の外に出たときに、地球と人のそれぞれの存在を知るのです」というものがあります。

この言葉はとても深いなぁ、と以前から思っています。

そして、これは【子供にとっての家】と全く同じだと私は確信しています。

言い換えると

「子供は親の家を出て、はじめて自分自身と親の存在が別々だと知る」

ということ。

これは子供の自立を意味していて、子供にとっての家というものは、胎児がお腹から出るのごとく、成人して、一人の大人として、家を巣立っていくのが一番自然な流れです。

例えば、胎児が11ヶ月経っても「お腹の中が居心地いいよ〜」と言って出てこなかったらどうなるでしょうか?

住まいづくりにおいても、健全な家族、健全な人間関係というものは、自然の摂理がそのままあてはまります。もし、あなたが住まいづくりを考える時にもこの「自然の摂理」をあてはめてみてください。

それが一番自然な形です。

八納啓造

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「子供の住環境を考える」のコラム