血は詰まる - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

血は詰まる

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
赤ちゃんの血管は詰まりがなく綺麗です。
詰まり具合はもちろん0%。
血管の内側にある内腔も、十分なスペースが確保されています。

脂肪の沈着は10歳前後から。
20代になると、脂肪の「沈着」が始まり、詰まり具合は25%に。
体の変化になんとなく気付き始める40代では、詰まり具合は50%に達します。

動脈硬化です。
また、心疾患や脳血管疾患は動脈硬化がその原因の大半を占めます。

18日、米カリフォルニア大の研究チームは動脈硬化の歴史について発表。
歴史は古く、古代エジプトまでさかのぼるようです。

研究チームは約4,000年前のミイラ20体を、CT(コンピューター断層撮影装置)で調査。
心臓や動脈を確認できた16体のうち、9体に動脈の石灰化が見られました。
当時の食生活は不明ですが、昔から動脈硬化は人類共通の敵だったようです。

厚生労働省の人口動態統計によると、平成20年の死因順位別死亡数では2位が心疾患、3位が脳血管疾患でした。
心疾患と脳血管疾患による死亡数の合計は31万人。
意外かもしれませんが、死因順位1位の悪性新生物(がん)による死亡数34.3万人にほぼ匹敵します。

動脈硬化の問題の一つは、10代という若年期から始まり、その割に自覚症状が無い点です。
自覚症状が出てくるのは、心臓の場合で詰まり具合が75%に達してから。
年齢では60代に入ってからです。

食べすぎにはご注意を。


☆“学資保険セミナー開催” 貯蓄率122.3%!
「11/23(月・祝) ミューザ川崎」にて! 残席わずか!!
 ⇒セミナー詳細・ご予約はこちら

☆「生命保険専門代理店 Adual(アデュアル)」のホームページはこちら
 
 
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。