社内コミュニケーションの活性化 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社内コミュニケーションの活性化

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
人材育成
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日は社内コミュニケーションについてのお話です。

世界的不況の影響による厳しい経営環境を乗り越えるために、企業経営の原点に立ち返る企業が増えています。

数値による経営管理の徹底、社内の目標管理制度の導入といった施策とは対称的なアナログ的な部分に注目が集まっているわけです。

企業経営が不調な時には、やはり「社内の一体感」や「社内の信頼関係」といった、アナログ的な部分が重要になってくるもの。
これは、ヒトという経営資源が機械的に動くのではなく、感情に左右される部分が無視できないからではないでしょうか。

経営資源の制約が大きい中小企業においては、特に「経営者と社員の信頼関係」は重要な要素となってきます。

「経営者と社員の信頼関係」を築くためには、まずは社内のコミュニケーションを活性化することが大前提ではないでしょうか。
普段から社内で何でも言い合えるような関係を築く。
そんな当たり前のことが、スタートラインになるのでしょう。

当り前のこととはいえ、「社内で何でも言い合えるような関係を築く」ためには多少の気配りが必要です。
普段のコミュニケーションの取り方、会議の進め方、経営者としてのメッセージの発し方など、経営者としての意識的な行動が求められます。

「経営者と社員の信頼関係」を築くことが、企業の成長、変革のための第一歩となります。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「人材育成」のコラム

文書作成力(2016/12/01 10:12)

常に時間の余裕を持つこと(2016/11/08 10:11)

悩めるCIO(2016/10/26 10:10)

人が育つための環境(2016/10/19 10:10)

プロフェショナルの言葉(2016/10/15 13:10)