家賃滞納の対処法 - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家賃滞納の対処法

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
賃貸経営…大家さんになったら…
不動産賃貸業は他の事業と違い、
それほど手間隙のかかるものではありません。
ですから、サラリーマンや主婦、他に仕事をお持ちの方に
最適な副業と言えます。

ただ、そんな大家さん業にとって
最も頭の痛いことが「家賃の滞納」ではないでしょうか?

今日はその「滞納」に対する対処法をお話します。

滞納に対して最も大切なことは
「滞納がわかったら素早く対応すること」です。

月末までに入金が無ければ、
翌月すぐに督促の電話を入れることです。
2−3ヶ月も溜まってしまうと、
入居者もなかなか一括では払えません。
半年も家賃が入っていないのに気づかない、
なんていうのはもってのほかです。
(滞納に気づかず、半年後に弊社に
 滞納処理のご相談にお見えになった大家さんが実際いらっしゃいました。)

次は「しつこく催促すること」です。
お金の支払いに困った人は
うるさく言ってくるところから払います。

滞納が度重なるようであれば、
法的対応を視野にいれて交渉記録を書面にしておくことも大切です。
約束事もすべて書面でやり取りします。
(今はメールのやり取りでも証拠書類にはなるようです)

最後に、日頃から気をつけなければならないことは、
「入居者とあまり仲良くならないこと」。
あまり親しくなると上記のような強い督促はやり辛くなりますから、
入居者とは一定の距離を置いていたほうが良いと思います。

※EMP会員に登録いただけると、
不動産投資に役立つ知識をメルマガにて毎週配信中。
 ⇒ご登録はこちらから

 ⇒安心の不動産投資なら、EMP