送信済トレイ・下書きが見えない!などのトラブル - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

送信済トレイ・下書きが見えない!などのトラブル

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
便利なIT情報

送信済トレイ・下書きが見えない!などのトラブル



環の小坂です。

今朝送信済トレイを検索していたら、メーラー(outlook express)がおかしくなり、
送信済トレイとか下書きとかが見れなくなりました!

<復旧方法その1>
色々調べていると「Folders.dbx」というファイルが壊れたのが原因だったようです。

その場合
・メーラーを落とした上で、このファイルを別名に保存する
・再度メーラーを立ち上げる
とFolders.dbx が再構築され(少し時間かかりますが)、
各フォルダが見られるようになります。

ただ、メールのフォルダを階層構造にしていた場合、そのルールは失われるので、
全て受信トレイと同列に並びます。

私は何百というフォルダがあるので、その後色々試行錯誤しましたが、
どうにも管理が出来ず、
しかもそれによるメール振り分けのルールも「リンク切れ」状態になり、
ニッチもサッチもいかくなりました。

<復旧方法その2>
バックアップしていたFolders.dbxを上書き保存。
たまたま、2ヶ月前にPCが壊れた際にバックアップを取っていて、
その当時のファイルを上書きしたところ、当時のフォルダルールに戻りました。

ただ、それ以降作ったフォルダは「閲覧不可能」になります。

その場合のテクニックですが(どのフォルダを作ったか覚えていれば)
復旧後、再度フォルダを作成します。
そうするとそのフォルダファイルが出来るので、(xx.dbxのように)
そのフォルダファイルを一旦消し、見られなくなっているフォルダファイルをそのフォルダファイル名に
直すと閲覧できるようになります。

<教訓>
Folders.dbx は定期的にバックアップしましょう!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「便利なIT情報」のコラム

ウェブフォントの効用(2016/07/29 10:07)

Google chromeが重い場合(2016/05/13 17:05)