無理したって仕方がない - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

無理したって仕方がない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
個人の生活について
タコが旨かった。

おはようございます、妻と二人でフラリと入ったお店でのこと。(こちらです)


昨日からの続き、流動性の観点から定期預金を検討します。
無理して定期預金を組んで、結局手元のお金が足りなくなって
途中解約するようなケースが最悪です。
大抵の場合、優遇金利が受けられません。

つまり、定期預金は基本的に余剰資金でやるべきものなのです。
日常の資金繰りに必要な資金量をきちんと把握したうえで、
収入と支出のバランスをとって余剰資金を作り、
それから初めて定期預金の活用余地が生まれてきます。


もうひとつ、現状ではあまり怖くはないのですが、インフレの
発生に対して定期預金は無力です。
物価が上昇すると、通貨の価値は相対的に下がります。
通常はそれに併せて金利も上昇するのですが、定期預金に
しておくと金利上昇の恩恵は受けられません。

現状では物価上昇や金利の上昇が起こる可能性は低そうです。
ただ、資源価格などに関しては上昇傾向が続いています。
(石油や食料品、鉄など)
その点だけは少し留意して頂く方が良いかと思います。


明日は住宅ローンについて取り上げてみます。

この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「個人の生活について」のコラム

心構え(2009/11/25 08:11)

意識的に贅沢をする(2009/11/23 08:11)

食事カット系の節約(2009/11/22 08:11)