ミルフィーユ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

清原 公明
株式会社建築アトリエ二十一 代表取締役
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ミルフィーユ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家族のリアリティ
 ミルフィーユというケーキがあります。千枚の葉という意味だと記憶していますが、何層にも重なったデザインのネーミングでしょう。
 
 どの建物もそうだと思いますが、テーマがあり、ストーリを構成し、落し処を想像し、アイデアを練り、形にしていきます。 
 先に引用したケーキの話に戻りますが、重なったミルフィーユが、一枚ずつ剥がれて、バラバラになった感覚が今の時代のイメージとして強くあります。
 それぞれのレイヤーがくっついたり、離れたりの浮遊している感覚なのかもしれません。
 それは男性、女性だったり、ジェネレーションだたっり、地域であったり座標軸は異なっていても、感覚的には、同じようなきがします。
  
 建築が、家族がひとつのテーマのもとにミルフィーユのようなケーキ感覚でもう成立しない。
 バラけている感覚が重要で、あとはそこをタテ、ヨコ自由に交通する、そういうのが建築、家族の持ちうる
リアリティなのかもしれません。   
 形がなにかを喚起させ、イメージしようとしたとたん、バラけていく・・・そんな感覚、そんな時代・・・