『地震保険』はいつでも入れます!? - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『地震保険』はいつでも入れます!?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
損害保険

『地震保険』はいつでも入れます!?



近年、特に関東地方において関東大震災並みの大地震が起こると言われて久しい訳ですが、皆さんはそれに対して何か備えをされたおりますでしょうか?

避難場所の確認、非常食や懐中電灯などの防災用品準備、緊急時の連絡方法の確認など、様々な備えがあるかと思います。

では保険の分野で考えた場合、その備えとはどういったものになるのでしょうか?

通常、保険商品の大半において、地震・噴火・それによる津波が原因となっての火災や損壊などに対しては、補償されないという事は多くの方がご存知かもしれません。

しかしそれでは困るという事で、住居用の建物や動産に対しては、何がしかの補償をするべきだとの考えのもとで作られたのが『地震保険』となります。

では『地震保険』には、いつでも入る事ができるのでしょうか?

答えは、Noです。

大規模地震対策特別措置法に基づく警戒宣言が発令された時は、その発令を受けた地域内にある物件などについては、一定期間の間、地震保険を契約することができなくなります。
いざ、「大変だ、地震保険も契約しておきたい」と思っても、入れなくなってしまうという可能性もある訳です。

確かに、非常に大規模な損害が出てしまうような大地震の際は、『地震保険』といえども、果たしてどれくらいの保険金をお支払いできるのか!?という心配もございます。
しかし、何も備えをしていないよりは、きっと皆さんのお役に立てるものであると思います。
一度、何かの折に、具体的な内容などをご検討してみるのはいかがでしょうか?



643

こちらをどうぞ↓
保険業界で頑張る社長のblog

ファイナンシャルプランナー 森 和彦