愛犬チャンプ7月号 - 犬のしつけ・訓練 - 専門家プロファイル

中西 典子
DoggyLabo 
しつけインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ペットのしつけ・訓練

小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)
小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)
中西 典子
(しつけインストラクター)
水土 はなん
(しつけインストラクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

愛犬チャンプ7月号

- good

犬のしつけ
「知っておきたい わんこの性事情!」

の監修をいたしました。

マウンティングのことについて話しました。

今までお客さま先で様子を観察してきた経験から
マウンティングには主に以下の意味があるように
感じています。

1.相手に対する優位的立場の主張
2.なんとなく
3.かまってもらいたい
4.性的行動

やらせておいて良いのかどうか、聞かれることが
多いですが、自分の犬同士でしたら、放っておくのが
良いと思います。でも、嫌がる飼い主さんが多いよう
ですので、他に気をそらすなどして、やめさせても良いと
思います。悪い行動ではないので、叱ることはないと
思いますが。

飼い主に対してやってくる場合には、やめさせておいた
方が無難だと思います。

実際、されてしまう飼い主さんを知っていますが、
だからといって、愛犬に威張られてしまっているか
といえば、そんなことはないのが現実です。
ちゃんとハンドリングもできていますし・

性的意味がある場合には、オスとメスにおいて
行われます。どちらかが去勢、あるいは避妊してあれば
放っておいても良いですが、両方してない場合には、
隔離するなどして、やめさせるべきです。
(*素人繁殖には反対です)

ただ、その場合も叱る必要はありません。
自然な行動なので、叱っても訳がわからないだけです。

去勢、避妊をしない場合、メスが発情してしまったら
オスは必ずその影響を受けてしまいます。
精神的に、とても辛い状態になると思いますので、
メスの発情が終わるまでは、同じ家にいないように
してあげるなどの配慮をしてあげてください。