★おススメ本「激安でも丸儲けできる価格のカラクリ」 - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

岡星 竜美
イベントコンサルタントオフィス シリウス代表、東京富士大学 教授
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

★おススメ本「激安でも丸儲けできる価格のカラクリ」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
イベントコラム
岡星オススメ本・・・

今回は、現役バイヤーが教える、「儲け」の仕組み

「激安でも丸儲けできる価格のカラクリ」です。



なぜ?

・マクドナルドのハンバーガーは100円なのに儲かるの?
・値引きしたセットメニューのほうが単品売りより儲かるの?
・JALや家電量販店はポイントを乱発するの?
・客のいないスナックが潰れないの?
・10円缶コーヒーでも利益が出るの?・・・等など。



世の中、不思議なことばかり。
そして、知りたいことだらけ。

この本では、モノを売り買いする側の人間が、その裏側を、カラクリをこっそり?教えてくれます。

モノの値段って、それ自体の値段だけじゃないんですけど、つい、そのモノが高いとか安いとか考えてしまいます。
実は、その考え方にワナがあったんですね。

買う側が、つい「安い!」「得した!」と思うことが、実は、売る側が「儲かる!」ことだったり。
ま、知らない方が"幸せ"なのかもしれませんが(^^);、人は知りたがる生き物なんです。

しかし、この本は、面白おかしく業界の裏側を暴く・・・という趣旨ではなくて、著者も述べているように、"商品のカラクリを知ることが、賢い消費者を育成する"を目指しているとのこと。

こんな時代の、消費者眼を鍛えるには、格好の一冊だと思います。



坂口孝則:著
「激安でも丸儲けできる価格のカラクリ」
〜10円缶コーヒーでもなぜ利益が出せるのか?〜
(徳間書店 1,260円(税込))

今日からアマゾンキャンペーン実施中!
11月2日(月)〜11月4日(水)
http://www.pshonin.com/p/?pc=sdvd2x6y11

水野俊哉氏、岩元貴久氏、マーク富岡氏など、超豪華ベストセラー陣の特典付きです。この機会にどうぞお求めください。