AISAS理論とAIDMA理論 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

AISAS理論とAIDMA理論

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
便利なIT情報

マーケティングを考えるフレームワークは色々あります。

3C、4P、5force等が代表例です。

SWOTなどもマーケティングに活用することができます。


その中で、人がどのように行動するのかという理論に関して有名なのが「AIDMA理論」(あいだま)です。


「Attention」(注意)→「Interest」(関心)→「Desire」(欲求)→「Memory」(記憶)→「Action」(行動)という流れで人は行動するので、
マーケティングでは重要視されています。

それがインターネットの時代になり新たに登場したようにみえるのが(実際には以前からあったのだが)、
AISAS理論。

「Attention」(注意)→「Interest」(関心)→「Search」(検索)→「Action」(購買) →「Share」(情報を共有する)

検索と共有が最近の時代の流れをあらわしているものです。

また検索と購買の間に「Comparison」(比較) →「 Examination」(検討)を入れる「AISCEAS理論」がECサイトではあるともされています。

そう考えると
・SEO・SEMで検索されるようにする。
・きちんとした情報を載せて比較検討されるようにする。
・有益な情報を掲載して共有される
ということがウェブサイト運営において特徴的であることがわかります。


フレームワークは施策を考える際にどこに対して手を打つのか考えるのに役立つだけでなく、

MECE(もれなくだぶりなく)にロジカルに考えるために役立ちます。



アクセス解析

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「便利なIT情報」のコラム

ウェブフォントの効用(2016/07/29 10:07)

Google chromeが重い場合(2016/05/13 17:05)

このコラムに類似したコラム

ちょっとしたこと。 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/11/25 11:40)

流行は、自ら創り出すものだ。 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/11/20 09:04)

あなたが人気コンテンツを作る秘訣、とは。 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/11/06 13:20)

IT関連ニュースクリッピング【2013/08/26- 2013/08/30】 高木 仁 - フランチャイズビジネスコンサルタント(2013/09/01 11:02)

目的と戦術を持つ。 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/08/26 19:18)