ひがまずに生きる - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

エナジー・コーチ エナジー・コーチ
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ひがまずに生きる

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
セルフ・ヘルプ 前向きでいる (Positivity)
ひがむって、日本語独特の表現ですが、
よく使いますね。辞書によると、嫉妬、劣等感、
偏見、なんていう訳語も含まれています。

要するに、劣等感から嫉妬になり、それは
完全な偏見、と言ったところでしょうか。。。

あなたには、最近自分がひがんでいるなあと
思うことはありますか。

ひがみ感情には、人と比較するクセを持っていると
陥りやすいかもしれません。意識していなくても
ひがんでいる自分がいたり。

誰かが幸せになっているのを見たり聞いたり、
または自分よりキレイな人とか、優秀な人とかを
見ると、悔しさからひがむこともあるかもしれません。

または、周りにひがまれて大変とか。誰かに
ひがまれた経験のある方も多いでしょう。

ひがまずに生きるほうが断然楽なので、自分の中に
ひがみ感情が湧き出てきたら、切り替える努力を
したいものです。

ここでは、嫉妬や劣等感を否定する、というのでは
ありません。

だって、人間なら嫉妬することも、劣等感に
襲われることもあります。そうした感情を持つ自分に
対して自己批判したり、嫌悪感を持たなくても大丈夫。

嫉妬や劣等感があるのがわかったら、
「ああ、私の中にもそういう感情があるな」と
認めた上で、じゃあ私はどうしたいんだろう、
どういう選択したいんだろう、というのがポイントです。

そもそも、ひがんだままでいたい人などいないはず。

だけど、「嫉妬、劣等感」を感じたことをきっかけに
何をするか、プラスの方向へ持っていくためには
自分は何をしたいか、何をするつもりがあるか、
というような質問を自分に常にしていないと、
ひがみ感情に流されたままになってしまいます。

そうして気づけば、ひがみ感情にすっかり
消耗されて、自分をさらに不幸のスパイラル、
ネガティブスパイラルに引きずり込んでしまう
パターンになるのです。

ひがんだままじゃ、まず自分が楽しくないし不幸だし、
自分だけじゃなくて、周りだってハッピーにはなれません。

周りでも、ひがんでいる人で幸せそうな人は
いませんよね。

あなた自身も、ひがんでいるときには、そんな風に
アンハッピーそうに見えているのかも。そう思うと
ちょっと怖いのが、このひがみ感情です。

一時的にそう思うのはよいとして、その感情を
持ち続けるのかどうか、常に自分の選択を
意識しましょう。



ひがんでいるときは、自分の中に何か変えたい、
どうにかしたいことがあるときです。

よいチャンスと思って、自分がどうしたいのか
考えてみましょう。

そして、どんな考え方を取り入れたら、
どんな行動パターンを取り入れたら、その何かを
変えられるか、自分のどうしたいを実現できるか、
考えてやってみてください。

ひがみパターンが襲ってくるときにそう考えるのは
最初は大変かもしれないけれど、やっているうちに
慣れてきます。

ひがまずに生きるために、気持ちを切り替える
パターンを身につけるのも、ひとつのスキルです。



このコラムはこちらでもご覧いただけます。
→ http://blog.livedoor.jp/mikiogura/archives/51688316.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(パーソナルコーチ)
エナジー・コーチ エナジー・コーチ

もっと元気にハッピーになりたい女性たちをパワフルにサポート!

もっと自信を持ってバランス良く、元気にハッピーになりたい方(主に20~40代の女性)に向け、コーチングやセミナー、講演を実施しています。人生の幸せ、ビジネスの成功や自己実現のために、枠に捕われない考え方を提供し、内面から強くサポートします。

カテゴリ 「セルフ・ヘルプ」のコラム

マイナス気分にも役割を(2010/10/01 14:10)

年とともに賢くなろう(2009/04/02 15:04)

自分の言葉グセを知ろう(2009/03/19 19:03)