50歳を過ぎたら、まずは骨粗鬆症予防・対策! - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

川井筋系帯療法治療センター 院長
東京都
整体師/あん摩マッサージ指圧師
03-3406-3791
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

50歳を過ぎたら、まずは骨粗鬆症予防・対策!

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
脚・腰元気に、介護予防!

アンチエイジングの基本、50歳を過ぎたら積極的に骨粗鬆症予防・対策を!



骨がスカスカになり、骨折しやすくなる「骨粗鬆(こつそしょう)症」。

転倒から骨折、寝たきりになる危険性が高い反面、骨がもろくなっていることの自覚症状が
乏しいため、背骨の圧迫骨折や大腿骨を骨折して初めて病気に気づく人も少なくありません。

骨粗鬆症は、骨量が減少して若年成人(20〜44歳)の平均値の7割未満に落ちた
状態です。

40〜50代の方は、まだまだあまり関係ないと思われがちですが、

骨量は男女とも20〜30代をピークに加齢とともに減少し、特に更年期以降の女性になると、女性ホルモンの分泌が低下するのにともなって骨量が急激に減るため、

女性の骨粗鬆症の発症率は、ナント60代で3人に1人、70代では2人に1人といわれています。



参考Yahoo!ニュース:50歳を過ぎたら骨粗鬆症にご用心 早期発見で骨折予防
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091020-00000033-san-soci

そこで早いうちからカルシウムやマグネシウム、ビタミンDなどを多く含む食品やサプリメント
の積極的な摂取、そして、毎日適度に身体を動かすことなど予防対策していくことが大切
ですね。
とくにカルシウムやマグネシウムの低下は、骨や歯が弱くなるだけでなく、筋肉が固く緊張
したままになりやすいため、疲れやすくなったり足がつりやすくなったりなどの原因にも
なります。

背骨の圧迫骨折や大腿骨を骨折は、介護や寝たきりの原因になる危険性が高くあります。

40〜50代の方は、自分のアンチエイジングとして骨粗鬆症予防・対策のほか、
両親の介護や寝たきりの予防・対策として骨粗鬆症予防・対策をしていくのが
賢い人生設計といえるでしょう。

コラムシリーズ:脚・腰元気に、介護予防!
http://profile.ne.jp/pf/kawaikinkeitai/column/list/series/7249/?p=1

更年期対策におすすめのサプリメント.その1
http://profile.ne.jp/pf/kawaikinkeitai/column/detail/59148


アンチエイジング&介護予防サプリメントも厳選!
専門家厳選サプリメント通販ショップ

K-ヘルスケア&アンチエイジング http://www.k-healthcare.net/




ただの整体やカイロならこれほど感動はしなかった!

頭痛・肩こり・腰痛・膝痛・慢性疲労から介護予防まで対応


体にやさしい骨盤ゆらゆら整体! 川井筋系帯療法治療センター
東京 横浜 船橋 さいたま新都心 名古屋 http://www.kawaikinkeitai.co.jp/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 整体師/あん摩マッサージ指圧師)
川井筋系帯療法治療センター 院長

身体の歪みを改整してナチュラルヘルスケア&アンチエイジング!

首肩こりや腰痛、便秘、更年期障害、アトピーなどの諸症状を独自の身体分析法と手技施術で改善へ導きます。35年の歴史がある独自の整体「川井筋系帯療法」は、東京、横浜、船橋、大宮、名古屋、札幌でこれまでに5万人以上の施術実績があります。

03-3406-3791
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「脚・腰元気に、介護予防!」のコラム