究極の透湿面材ケナボードS - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

野平 史彦
株式会社野平都市建築研究所 代表取締役
千葉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

究極の透湿面材ケナボードS

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
設計の作法 大きな木の下の家
「大きな木の下の家」は私の提唱する「大地に還る家」である。

「大地に還る家」は湿気を通す素材で構成することで、
これまでの高気密・高断熱住宅がビニールの雨合羽とすれば、
ダウンジャケットの様な着心地の家である。

それを可能にしてくれる素材のひとつが「ケナボードS」である。
これは、ケナフという一年草の繊維を固めて作ったものだが、
4.5mmの厚みでCN釘@100で固めると、
壁倍率3.2というすごい面剛性がある耐力面材となる。
それでいて透湿抵抗が1.0しかなく(非常に湿気を通し易い、ということ)
値段もそう高くない。
ある程度、透湿性があって、面剛性がある面材としては
ダイライトやモイスといったものがあるが、
それらよりも面剛性、透湿性、価格において優れているのである。
ただひとつ、防火性能については他の2者の方が優れている。

しかし、「大きな木の下の家」は森の中である。
延焼の恐れなどまるでない。
「大きな木の下の家」は、文字通り大地に還る家となるのである。