呪縛からの解放 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

呪縛からの解放

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
変な形。

おはようございます、最近は色々なものがありますね。
何でしょう、すごく重そう。


昨日からの続き、期間損益計算に拘っていることについて。
別に私は「冒険会計に戻せ」と言いたいわけではありません。


どちらかというと、私は長期的な目標しか掲げらず、短期的な
行動指針をないがしろにすることの方に危険性を感じている
人間です。
その意味で、期間損益計算というツールは結構重要視して
いたりします。

ただ、一年という決められた期間内において損益を競うだけの
事業活動にはあまり意味がないことを知って頂きたいだけです。
最終的な目標は、個人や企業が継続的に幸せな状態を実現
できるような仕組みになっていれば良いわけです。
会計なんてのは、そのためのツールに過ぎません。


実は一年という期間が固定されたことにより生じた弊害は
企業以外にも存在します。
悪名高きお役所の「予算」というものです。
一年という限られた時間内で予算を使い切ろうとするから、
妙な支出が増えるというわけです。
必要なのは、その公共投資そのものから継続的に得られる
利潤やサービスそのもののはずです。


とある著名な経営学者の言葉を借りてこの文章を締めます。

「企業が継続的な発展を手にするためには、
 期間損益計算という呪縛から解き放たれる必要がある」


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

*本コラムと並行して更新しているBlogが変わりました。
新しいBlogはコチラです。
今後とも本コラムと併せ宜しくお願い致します。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)