なぜ期間を区切るのか? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

なぜ期間を区切るのか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
大井町にある車両基地。

おはようございます、夏の一日、開放デーがありました。
家族で遊びに行った時の写真です。


昨日からの続き、「適正な期間損益計算」という言葉について。
「期間」という言葉の定義についてよく考えてみます。

おそらくこれを読まれている方は次のように思われるかと。
「期間って一年でしょ?何が問題なの?」

確かに現行の会計制度は「期間=一年」という大前提を
置いた上で物事を考えています。
最近では半年だとか四半期といった考え方もありますが...。


しかし、ではこの「一年」という考え方が会計的に常に適切な
期間として扱われていたのか?というと実は違うのですね。
会計が始まった当初、期間という考え方は存在しなかったのです。

この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)