39.伊那食品工業見学ツアー(2)《 2009.10/23-24》 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

松山 淳
アースシップ・コンサルティング コンサルタント/エグゼクティブ・カウンセラー
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

39.伊那食品工業見学ツアー(2)《 2009.10/23-24》

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
ビジネスエッセイ

経営理念



 「伊那食品工業」には、今や有名となった経営理念がある。

  ★いい会社をつくりましょう 〜たくましく そして やさしく

  経営理念というのは、多くの企業で
  額縁に飾られていたり、会社案内に記載されていたりして
  社員が知るところとなっている。

  その言葉がコピーライティング的に優れているかどうかは
  確かに、大切であろうが、
  その理念をどこまで徹底して貫き通せるかが大事なのだと思う。

  その良い例は日本の「老舗」と呼ばれる数々の企業である。
  日本は老舗大国である。
  100年、200年と継続している会社が、山のようにある。
  これは世界的にも例ないことである。

老舗になる5つの条件



  「伊那食品工業」を育てあげた塚越会長は、
  「老舗」に学んだと言う。
   そして、5つの条件をあげている。

    一 無理な成長はしない。
    二 安いというだけで仕入先を変えない。
    三 人員整理をしない。
    四 新しくより良い生産方法や材料を常に取り入れていく。
    五 どうしたらお客様に喜んで頂けるか
      という思いを常に持ち続ける。

  「いい会社をつくりましょう」という理念は、
  「伊那食品工業」を取り巻く全ての人たちから、
  「あの会社はいい会社だね」と言ってもらえるようにとの想いから
   設定されたものだという。

  5つの条件でいえば、5番目の「お客様からの喜び」を
  より大切にしていこうという姿勢のあらわれてとも言える。

  伊那食品工業は創立50年が過ぎ、
  この経営理念を永続的なものにしようと、
  石碑をたて、そこに刻んだ。

  理念を徹底して貫こうという姿勢をそこに感じるし、
  だからこそ、今、注目される企業なのだと痛感した。



  ☆伊那食品工業視察ツアー《 2009.10/23-24》




 EARTHSHIP CONSULTING