資金繰り - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

資金繰り



環の小坂です。

何故かしばしば「資金繰り」について相談されます。
弊社はウェブ屋ですから資金繰りのプロではないですが、何故か私は相談されます。

理由としては
・10年経って潰れていないこと(IT系では結構めずらしい)
・元銀行員であること(そんな人、山ほどいますけどね)
・管理部長であること(一応財務担当です)
・資本金が大きいこと(VCの皆様のお陰です。)
・お客さんに税理士等士業の方が多いこと
・債務整理HPの案件が多いこと(こちらは主にBtoCですけど)
・金勘定に細かいこと
などがあるんでしょうか。。。。

銀行時代はバブル崩壊後、資産査定が本格化した時代でしたので、
色々勉強になりました。
銀行は「金を貸す」側ですが、消費者金融で1ヶ月仕事したこともあります。
こちらは「金を返して貰う」側です。

そして今は「金を借り」「金を返す」側になっています。

結局は
・予測
・コミュニケーション
・情報収集
・信念を持つ
・数的根拠を確かめる
といったビジネス上基本的なことをやることがまず大切です。

辺に周囲の目を気にしたり、周囲の意見に流されても駄目ですし、
色々な方と良好なコミュニケーションを持ち、
常に情報収集を心がけ、先を見通すということです。

逆にこれが出来ないと他の仕事同様失敗します。

笑い話ですが、この辺が全然駄目な税理士の方が以前いまして、
多分倒産(?)してしまいました。
すごく自分勝手で根拠のないことばかりやっていた方です。
専門知識だけがあればいいんではないですよね。

もちろん一般企業の方が資金繰りに相談する際には専門家の方に
しっかり相談することをお勧めします。
金融機関(出来れば銀行)経験のある専門家がいいと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「徒然」のコラム

電通デジタルの記事を見て(2016/04/20 11:04)

IT時代の連絡手段(2016/04/18 18:04)

3.11東日本大震災から5年(2016/03/11 14:03)