クレ-ムの文言解釈判断時は製品の製造時か,販売時か8 - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

河野 英仁
河野特許事務所 弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

クレ-ムの文言解釈判断時は製品の製造時か,販売時か8

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
米国特許判例紹介:クレームの文言解釈判断時はイ号製品の製造時か、販売時か
   〜販売済イ号製品がクレーム文言に合致しない場合の判断〜(第8回) 
   河野特許事務所 2009年11月17日 執筆者:弁理士  河野 英仁

                Gemtron Corp.,
              Plaintiff- Appellee,
                v.
               Saint-Gobain Corp.,
               Defendant-Appellant.


5.結論
 CAFCは、製造時にクレーム23の文言に合致することから特許権の侵害であるとした地裁の判断を支持する判決をなした。


6.コメント
 販売されたイ号製品はクレームの文言に合致しないものの、明細書の従来技術及びSummary等の記載から、イ号製品の製造時に一時的に文言に合致すれば良いとの合理的な判断がなされた。

 また一部の工程が外国で行われていても、完成品が米国内へ輸入されて販売される以上、特許権侵害が成立する。ただし、方法のクレームにおいて、一部工程が外国で行われている場合、米国特許法第271条(a)に規定する直接侵害は成立しない*5。様々な侵害形態を考慮し、方法クレーム及び物クレームの双方を十分吟味してクレームを作成することが必要とされる。

判決 2009年7月20日

以上
【関連事項】
判決の全文は連邦巡回控訴裁判所のホームページから閲覧することができます[PDFファイル]。 http://www.cafc.uscourts.gov/opinions/09-1001.pdf

【注釈】
*1 Gemtron Corp. v. Saint-Gobain Corp., No. 1:04-387 (W.D. Mich. Sept. 22, 2008)
*2 クレーム23は以下のとおり。なお下線は筆者において付した。
23. A refrigerator shelf comprising a one-piece open frame made of substantially homogeneous polymeric/copolymeric molded synthetic material and a piece of glass closing an opening defined by said frame; said open frame having opposite substantially parallel side frame portions and opposite substantially parallel front and rear frame portions; said glass piece having opposite substantially parallel side edges and opposite substantially parallel front and rear edges; said side, front and rear frame portions being substantially contiguous to said respective side, front and rear edges; each of said side frame portions being defined by an upper wall, a side wall depending from each upper wall and a lower wall projecting from its side wall toward an opposite side wall with the opposing lower walls being spaced from each other and each defining with an associated upper wall a glass piece side edge-receiving channel, each upper wall and lower wall having a terminal free edge, said glass piece side edges being spaced a predetermined distance from each other, said upper wall terminal free edges being spaced a predetermined distance from each other, said lower wall terminal free edges being spaced a predetermined distance from each other, the predetermined distance of the glass piece side edges being appreciably greater than the predetermined distance of said upper wall edges and only slightly greater than the predetermined distance between said lower wall terminal free edges whereby said glass piece side edges are captively retained in said glass piece side edge-receiving channels, and at least one lower wall of at least one of said front and rear frame portions including a relatively resilient end edge portion which temporarily deflects and subsequently rebounds to snap-secure one of said glass piece front and rear edges in the glass piece edge-receiving channel of said at least one front and rear frame portion.
*3 Phillips v. AWH Corp., 415 F.3d 1303, 1312-19 (Fed. Cir. 2005)
*4 米国特許法第271条(a)は以下のとおり規定している。
35 U.S.C. 271 Infringement of patent.
(a)Except as otherwise provided in this title, whoever without authority makes, uses, offers to sell, or sells any patented invention, within the United States, or imports into the United States any patented invention during the term of the patent therefor, infringes the patent.
特許庁HP
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/shiryou/s_sonota/fips/mokuji.htm
参照。
*5 方法クレームの一部工程を第三者が行っていたため、特許権侵害が成立しなかった事件としてMuniauction事件(Muniauction, Inc. v. Thompson Corp., 532 F.3d 1318 (Fed. Cir. 2008)が存在する。詳細は拙稿「米国特許判例紹介(第15回) 複数人が特許を侵害した場合、誰が責任を負うか?」No.62,2008年10月号
http://www.knpt.com/contents/cafc/2008.09/2008.09.html
                                   (終わり)

 ソフトウェア特許に関するご相談は河野特許事務所まで 
 |  コラム一覧 |