クレ-ムの文言解釈判断時は製品の製造時か,販売時か5 - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

河野 英仁
河野特許事務所 弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

尾上 雅典
(行政書士)
小竹 広光
(行政書士)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

クレ-ムの文言解釈判断時は製品の製造時か,販売時か5

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
米国特許判例紹介:クレームの文言解釈判断時はイ号製品の製造時か、販売時か
   〜販売済イ号製品がクレーム文言に合致しない場合の判断〜(第5回) 
   河野特許事務所 2009年11月6日 執筆者:弁理士  河野 英仁

                Gemtron Corp.,
              Plaintiff- Appellee,
                v.
               Saint-Gobain Corp.,
               Defendant-Appellant.


争点2:製造工程の一部が外国である場合、特許権侵害が成立するか?
 被告は、イ号棚の製造はメキシコで行われており、イ号棚が米国へ輸入される際には、枠は冷却され弾性を有さず、「比較的弾性のある」の文言を充足しないことから、イ号枠は573特許を侵害しないと主張した。

 このように争点となる「比較的弾性のある終端部」を利用した取り付け工程が外国で行われており、輸入時にはすでに「比較的弾性のある」の文言を充足しない場合に、特許権侵害が成立するか否かが問題となった。




                                   (第6回へ続く)

 ソフトウェア特許に関するご相談は河野特許事務所まで 
 |  コラム一覧 |