★11/3まで 羽田空港で「空気の港」開催中 - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

岡星 竜美
イベントコンサルタントオフィス シリウス代表、東京富士大学 教授
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
岡星 竜美
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

★11/3まで 羽田空港で「空気の港」開催中

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
イベント情報
前原国交大臣の"ハブ化"発言で今話題の羽田空港を展示会場とした、ユニークな最新アート展が開催中。

羽田空港が、「空気の港」に変身!

ん??? クウキノミナト???



東京大学の研究者とアーティストとが、互いに知恵と技術を駆使して、メディアアートの新しいジャンルの創設を目指す「デジタルパブリックアートプロジェクト」。

この度、東京大学「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクトでは、「空気の港」エキシビションを、年間6500 万人以上の利用者が行き来する日本最大の空港である、羽田空港第1、第2ターミナルの全域にて開催します。

パブリックアートの魅力である、造形的な美しさや空間や自然との調和、場所性に配慮した空間演出。

メディアアートの特長である、映像や音声を効果的に用いた動的なコミュニケーションや、インタラクティブ性、リアルタイム性。

双方の視点に立った、新しいアートのジャンルが「デジタルパブリックアート」です。

様々な思いを抱いた人々が行き来する「空港」という場所が、視覚、聴覚、触覚を楽しませる場所、自らの日常を振り返る、心の奥底に潜んだ感情や記憶の扉をノックする「空気の港」に変容します。

本展は、デジタルパブリックアートの基礎技術となる研究成果をお披露目するとともに、「メディアの未来」「パブリックアートの未来」「情報技術の未来」「コミュニケーションの未来」をともに考え、新たな表現のジャンルとして一緒に育てていく機会となれば、と考えています。



Digital Public Art in Haneda Airport
「空気の港〜Please watch your step〜」
テクノロジー×空気で感じる新しい世界

●開催期間: 2009年10月9日(金)〜11月3日(火・祝)
●時   間 : 10:00〜19:00
※10月30日(金)には [デジタルパブリックアートシンポジウム]開催
●会   場:羽田空港第1、第2旅客ターミナル
        (東京都大田区羽田空港3-3-2)
●入場料:無料

http://www.digital-public-art.org/airharbor/airharbor.php?pg=about



アートのありようが、大きく変わってきました。
また、美術展の概念も、広く変わってきましたね。
あれこれムツカシク考えるより、まずは、体感してみることですね!


今日も感動させて★ー。"羽田空港"へ出かけましょう!


※いよいよ、11月1日より全国発売開始
岡星竜美:著「キラリ☆開眼物語〜明日から企画のホープと呼ばれる本」
(文芸社 1,470円) 
就活中の学生の方に、明日までに企画を出さないといけない方に、コンペに勝ちたい方に・・・この特効薬が効く! 目のウロコとれます。応援、よろしくお願いいたします!