交通のあり方 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

交通のあり方



環の小坂です。

民主党政権が掲げた「高速道路無料化」ですが、半分の人が反対という世論調査が出たようです。
まあ、当然ですよね。
メリットがある人が少なくて、被害がある人の被害が馬鹿にならない施策ですから。

新幹線の予算も今工事中のところはおりましたが、それ以外は白紙になったそうです。
これは同意です。
新幹線は都市の人にメリットを与えますが、地方の人には(土建会社を除いて)デメリットが大きいものです。
(在来線を現状どおり維持すればまあよいですが)

前原国土交通省大臣が羽田空港のハブ化を話し物議をかもしています。
これ自体には異論もあるのですが、「こういう議論がされてこなかったこと」が
日本の空港施策の様々な失敗を招いたと思いますので、
議論してほしいものです。

これは国ではなくJR東海ですが、リニアの大阪延伸の見通しを発表しました。
直線ルートにこだわっています。

と交通関係の最近のニュースを書きましたが、「ばらばら」ですよね。

本来交通というのは
・国際的にどうするのか
・各地域の生活をどうするのか
・観光業や人の移動をどのようにするのか
・インフラは何を残すのか
などを総合的に考えて行うものです。
決して維持的な景気対策で行っていいものではありませんし、
長い目で見て、「コスト」も考えなければなりません。

が、それがばらばらになっています。

高速道路を無料化することでその地域の鉄道・フェリーはどうするのか?
物流会社の渋滞問題はどうするのか?
そもそも維持の財源をどうするのか?
といったことが必要ですし、
空港やリニア・新幹線ももちろん絡んできます。

国として、ハブ空港をこのようにして国際協力をつけ、
地域の生活をどのように保護しながら、国内の交通整備を図るのか。
そのビジョンがあって初めて無料化だ、新幹線だ、なんだかんだという議論になるはずです。

高速道路無料化は一回やると後戻りできなくなりますので、
勇気を持って一旦凍結し、交通のあり方を真剣に考えた上で、施策を決めて欲しいと思います。

私の意見としては
・地域の公共交通機関を守ることを第一にする。
 (新幹線が出来てもJRに在来線の責任を今以上に持ってもらう)
・リニアは直線。(目的を東京・名古屋・大阪のスピードアップのみに限定し、地域振興は在来線の活用で行う。)
・ハブ空港を一つ定め、そこは24時間営業とする。
・高速道路は一定以上の利用者の利用料を減免する。
 (1台の車は月1万円以上高速道路料金不要とか。
  物流保護です。一般の人はたまにしか使わないので、お金を払ってもらうし、
  むしろ「車に乗るな」で鉄道・フェリーなど公共交通に誘導する施策をとる)
・全て「受益者負担」とする。税金を原則投じず、投じるのは
 公共交通の維持のみに限定する。
ことで、国際競争力と地域の生活を守ること、景気振興などの目的を達成できるのではないかと思います。

そもそも「高速道路無料化」って「国民の生活が第一」と関係ないような。。。。
むしろ逆行するような気がします。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「徒然」のコラム

電通デジタルの記事を見て(2016/04/20 11:04)

IT時代の連絡手段(2016/04/18 18:04)

3.11東日本大震災から5年(2016/03/11 14:03)