借金と借入金 第1話 - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

株式会社ホーリスティック 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

借金と借入金 第1話

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
借金と借入金
借金と借入金、もちろん意味は同じではありますが、ニュアンスやひびきが異なります。「借金で首が廻らない」とは言いますが、「借入金で首が廻らない」とはあまり耳にしません。借金と言うとマイナスイメージのほうが大きいのですが、時に借入金は自己の信用力の証ともなります。私は最近色々なことで相談に来られる方々によく「借金」は極力無くして、どうせなら「借入金」にするように勧めています。当然皆さん理解に苦しむ顔をされます。多少景気動向も上昇傾向ではありますがデフレを完全に脱却したとはまだ言い難い状況です。要するに貨幣価値が高い。貨幣価値が高いうちに借金を返すのは鉄則。インフレ時には100円したものが、今は50円。残りの50円を返済に廻すと単純に考えれば、そう難しくはありません。
ここからが本題になりますが、私は独自に「借金」と「借入金」を次のようなカテゴリーに分けています。
将来的に価値の上がらないものに使うための借入れを「借金」。価値が上がるものに使うための借入れを「借入金」。この価値が上がる上がらないについての考え方には多種多様なことがらが絡んできますので、ここではふれませんが、要するに借り入れたお金を使ったものが、元金利息を上回る価値を生んでくれるかどうかの問題です。それでは、実際に何に使えば良いのか?

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社ホーリスティック 

人生を楽にたのしく!未知の扉をひらくマネープランを提案します

知らなかった知識や情報をきめ細かにご提供し、ご相談者から最高の笑顔を頂戴することが私の仕事です。マネープランから人生設計まで、信念をもって100%のサービスを提供します。疑問や不安、まずはご相談下さい。皆さまに有意義なお答えをご用意します。

カテゴリ 「借金と借入金」のコラム

借金と借入金 第2話(2006/02/08 04:02)

借金と借入金 第3話(2006/02/08 04:02)