新政府税調発足 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

ABC税理士法人 税理士
東京都
税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新政府税調発足

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
税制改正 平成22年度税制改正
今日8日、新しい税制調査会が発足し、即日、HPもアップされました。
税調の委員名簿を見ると、本当に議員だけで発足したようですね。
会長に藤井財務相、会長代行に地方税を所管する原口総務相と、基本方針を
担当する菅国家戦略相、企画委員会主査には民主党マニフェストの税制を
主導したと見られる峰崎財務副大臣(前民主党税調会長)、が就任した。
また、企画委員会の委員には財務相、財務副大臣、財務政務官、
総務相、総務副大臣、国家戦略相、国家戦略担当副大臣が全員含まれ、
社民党・国民新党からは政調会長が参加することとなった。
あとは、専門家委員会の委員が公表されると、具体的な陣容と方向性が
明確になろう。

鳩山首相からの諮問内容については、明日から詳しく検討していくが、
「税制改正要望の見直しについて(留意点)」も同時に公表された。
これによると、税制改正要望は10月一杯で取りまとめることになった。
また、減税を要望する場合には、「財源なくして減税なし」の原則に基づいて
見合い財源案と併せて提出することを要求している。
要求だけであれば誰でもできることであるが、バラマキ批判に対応し、
対案としての財源を考慮することを要求したことは評価すべきだ。
また、租税特別措置のゼロベースからの見直しが図られるようだ。
これも、すでに合理性が失われたものもあるだけに、ムダを排除して
財源を確保するためにも、確実に行われるべきであろう。
必要な特別措置が長期に渡っているのであれば、本法に組み入れるべきであり、
特別措置のまま据え置かれること自体が不適切だからだ。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
ABC税理士法人 税理士

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税制改正」のコラム