そもそもなぜ本は売れない? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

そもそもなぜ本は売れない?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践
中秋の名月。

おはようございます、今月初旬にあったときのやつです。


昨日からの続き、古本の流通による出版業界への影響について。
今日は少し話を変えて、そもそも「なぜ本が売れないのか?」という
点についてでも考えてみます。

参考の記事はこちらです。
着いたその日に返本

要約してしまうと本の市場は狭まっているのに新刊書籍の数は
増えてしまったため、一冊当たりの購買数が減っているということです。

確かに、自分の本が出てから改めて本屋さんをよくみると、
私が主テーマにした「資金繰り」ということに関してだけでも、
相当数の本が出版されていることがすぐに分かります。

ビジネス書などはそれでもまだマシかもしれません。
内容が内容なので、流行り廃りだけで考える必要がないことから
それでも書店の棚に長く並べてもらうことができます。

これがもっと流行性の強い分野であれば、事情はより過酷になります。
限られた時間にこれまた限られた書店の売れやすいスペースを取り合うための
非常に厳しい競争を強いられるわけです。
その旬の期間が過ぎてしまえば、その本は即座にゴミと化すわけです。


競合メディア(ネットやテレビ)が普及したことへの対抗手段として選ばれたのが
新刊の増加という手段だったわけですが、その副作用がここにきて大きく
出てしまっているようです。

明日、その具体例を触れてみます。

この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)