印税って - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

印税って

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践
手回しオルガンの中身。

おはようございます、やはり譜面部分もデカイ!


昨日からの続き、作家さん的に古本が流通することによって
生じる厳しさについて。

印税という仕組みについてごく簡単に説明します。
例えば「印税率10%」ならば、本屋さんで定価1,000円の本が
1万冊売れた場合、作家さんに

・1,000円 × 10,000冊 × 10% =100万円

が取り分として入りますよ、ということになります。
実際に印税の率というのは個別の本ごとに色々あるようで、
著名な作家さんなら率が高くなることも多いでしょうし、
売れれば売れるだけ印税率が上がっていくなんてケースも
あるみたいです。


昨今では「大ヒット!!」といわれる本ですら10万部程度です。
仮に定価が1,000円だとすると、それで1,000万円が作家さんに
入ることになります。
これだけ聞くと結構な数字のように感じられるかもしれません。
しかし、これだけ売れる本というのはかなり稀なケースなのです。
ソコソコ売れたって2〜3万部、初版の5,000部程度すら売りきれない
ような本が相当にあるのが現実です。

仮に定価1,000円、5,000冊の販売で手に入るのは50万円です。
これでは主業務として文筆業を選ぶのは相当に厳しいでしょう。
その只でさえ厳しい状況が、古本の流通によってより過酷なものへと
変わることになります。


この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)