民主党政権で私達の生活はどうなるの?その2 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

民主党政権で私達の生活はどうなるの?その2

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
ライフプラン
昨日に続き、その2は人生で一番高い買物である「住宅」についてみてみましょう。
下記に主なものを抜粋しました。こうしてみるとリフォームや賃貸に力を入れることがわかります。住宅業界が大きく変わるかも・・・

・持家取得偏重の是正⇒持家取得支援策一辺倒から、ライフスタイル・ライフステージに合った住宅政策への転換る賃貸住宅の機能の充実、賃貸市場の活性化、家賃補助等の支援策
・持続可能な住生活⇒長期優良住宅の普及促進。省エネ化・バリアフリー化、耐震化などによる既存住宅の活用・改修、記録管理・審査・判断システムの整備
きめ.細かな住宅政策
・長寿命化⇒新築住宅は長期の使用に耐える仕様とし、中古住宅のリフォーム・改築を推進。トイレ・浴室の改良、屋内の段差解消、階段の勾配緩和など高齢者が住みやすい住宅リフォームを重点的に支援
・ホームインスペクター育成⇒中古住宅に瑕疵がないかを診断するホームインスペクターを育成。診断に役立つ施工現場の記録を取引時に添付
・多様な賃貸住宅⇒ 高齢者、障がい者、子育て世帯も住みやすい多様な賃貸住宅を設備。賃貸住宅居住者への家賃補助、所得控除などの支援を創設。定期借家制度の普及の推進
・ローン減税の見直し⇒最大控除額の拡大ではなく、バリアフリー化・省エネなど社会ニーズの高い分野に重点的な負担軽減策
・投資減税の充実⇒ 自己資金で建設・購入した場合にも住宅ローン減税と同程度の負担軽減を受けられる制度の創設
・贈与税の見直し⇒現役世代への生前贈与による財産の有効活用などの視点を含めて、贈与税のあり方を見直し

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフプラン」のコラム

ガソリン2割上昇(2016/12/06 08:12)

[積み立てNISA]制度を新設(2016/11/29 08:11)