【魔法の問いかけ】 生徒と夢を語る - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

藤 拓弘
リーラムジカ 代表
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【魔法の問いかけ】 生徒と夢を語る

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
ピアノ講師の成功法則

生徒と夢を語る


私はピアノを教える仕事もしておりますが、子供たちと夢を語るのが好きです。


小学生くらいになると、子供はおぼろげながら、自分の夢を持ち始めます。

学年が上がるとだんだん現実が見えてくるのか、あまり夢を語らなくなります。


ですが、私はぜひ子供たちには夢を持ち、それを追いかけて欲しいと思っています。

なぜなら、夢を持つことは「目標」が決まることにつながると思うからです。



夢を持つと「目標」が決まる


夢は、叶う叶わないに関わらず「こんな自分になりたい!」という理想のことです。

その夢を叶えるために、自分は「何」をしたら良いか、ということが「目標」となります。


その具体的な目標を決めることは、夢を憧れで終わらせないただ一つの「近道」ではないか、
と思うんですよね。



ピアノ講師は不思議な存在


また、生徒の夢や目標を引き出してあげることも、ピアノ講師として大切な役割だ、
と考えています。


ピアノ講師は、親とも学校の先生とも違い、とても近い存在でもあり、遠い存在でもあります。


親よりも客観的に見つめることができ、学校の先生よりも内面に迫ることができます。


この絶妙な立ち位置を持っているピアノ講師は、
子供たちの夢を引き出しやすい環境にいるわけです。


共に夢を語ることは、その子の人間性を引き出すことにもつながります。

音楽という媒体を通じて、これからの未来を一緒に考えることは、
子供たちにとって、数少ない「夢を語れる大人」という存在になります。


夢は人を成長させます。ピアノ講師である私も、常に夢を持ち続けたいものです。





※私の活動に関してはピアノ教室コンサルタントのページからご覧下さい。

※ピアノの先生がつながる「1万人のピアノ講師のつながるプロジェクト」へのご参加は、こちらです。