店内へ誘導させる3要素 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

平原 光人
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

店内へ誘導させる3要素

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
店舗設計のノウハウ
1)開放度
入口が両開きや入口の幅を広くしたりして、開放度
を高めると店内への誘導が高まります。
このようなお店では、日用品など頻繁に買物を
する商品に適しています。
宝飾品などを販売する店舗では、防犯上の点から
開放度は低く設定した方がよいでしょう。

2)透視度
ガラススクリーンなどで、店内の様子がよく見える
ようにすることで、透視度が高くなります。
こうすることで、親しみがでるようになります。
逆に、透視度が低いと高級感がでてきます。
高級専門店では、あまり透視度を低くしすぎなように
注意しましょう。

3)セットバック
店頭の道路から出入口を下げフロントスペースを
設ける事をセットバックするといいます。
店頭にスペースを設けることで、店のイメージを
高める効果があります。
駐車場にしているケースが多いようですが、ちょっと
した商品発表やイベントなどに利用したり、あるいは
看板や植木などを植え、お店のアピールすることなど
に利用できます。

注)都市計画上、セットバックしなければいけない場合や
店頭の道路の幅の関係で、セットバックしなければいけ
ない場合などがありますので、専門家に確認した上で
店舗設計をいたしましょう。


一級建築士事務所 ナユタ
http://www.nayuta-co.com/

納得!暮らしの快適空間
http://www.kaiteki-kukan.net/