水素を含んだ水のパーキンソン病に対する効果 - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

吉川 祐介
Wecareカイロプラクティック&ナチュラルケア 院長
カイロプラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

水素を含んだ水のパーキンソン病に対する効果

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
健康雑学
最近天然水素水が話題になっています。コンビニなどにも、水素を含んでいることを歌ったナチュラルウォーターを見かけるようになりました。

健康によさそう、という意見はありましたが、具体的な効果を検証する研究はこれまでありませんでした。

このほど、パナソニック電工と九州大学大学院薬学研究院は、水素を含んだ水は、パーキンソン病等の脳神経疾患の予防と治療に有用である可能性を検証し、その結果を発表しました。

検証結果では、水素を含んだ水を飲むことで、パーキンソン病で見られる神経細胞の脱落を抑制し、それは比較的低い水素濃度(0.08ppm)からその効果が見られたとのこと。また神経脱落の原因とされている、活性酸素によるDNAの損傷を防いでいることが確認されたそうです。

このように、パーキンソン病のような活性酸素が原因で起こる脳神経疾患の予防と治療に、水素を含んだ水を飲むのが有用であり、低い濃度でも、その効果が発現する可能性があることが確認されたということです。


吉川祐介ウイケアカイロプラクティック