2009 国際福祉機器展 2 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2009 国際福祉機器展 2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
バリアフリーのポイント
今回の国際福祉機器展では、例年と代わり映えしない製品が多かったと思ったのが正直な感想です。

(衛生器具メーカーのトイレ・浴室、手すりメーカー、福祉車両などなど)


数年前に出現した「立位で移動する車いす」「オフロード走行できる電動車いす」「ホイールデザインにアニメなどが書かれ、子供向き車いすの出現」などは当時インパクトがありました。



今年の展示された車椅子で驚いたのは「発想を転換した車イス」です



通常、車いすといえば下肢に障害を持たれていたりケガをしている方が乗るものと思われがちです。

しかし、この車イスはリハビリを兼ねて歩行困難な半身麻痺の方が自分の足で漕いで移動する車いすです。
自転車より安定していて、3輪車よりは早い車いす。

長距離走行を視野に来年は「ギア付き」で戻ってきて欲しいと思います。


東京ビッグサイトで開催されている「国際福祉機器展」は今日までですので、興味のあるかたはぜひお出かけください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「バリアフリーのポイント」のコラム

谷啓さんと福祉住環境(2010/09/22 01:09)

2009 国際福祉機器展 1(2009/09/30 10:09)

今年の国際福祉機器展(2009/09/07 18:09)

障害者にやさしい家 6(2008/10/30 18:10)