迷走為替、信任なき円高 - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

迷走為替、信任なき円高

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
7月の鉱工業生産指数は前月比では2.1%増ながら、前年比ではまだ8割弱の水準。
消費支出は2カ月連続前年比プラスを記録したものの、7月は同2.0%減に。

経済の基礎指標は、日本が回復基調にあるもののまだ途上であることを改めて示しています。

28日、為替市場では一時的にドルが88.23円まで下落。
実体経済の信任無き中、約8カ月ぶりの円高となりました。

背景は内外の声明。
外では23日に、FOMCが低金利の維持を確認。
G20でも各国の経済刺激策の継続が認識され、米国がやはり低金利政策を続けることが再確認されました。
中では藤井財務相が、多少ニュアンスを変えつつやはり為替介入に否定的な旨を表明。
90円を抵抗線とした為替介入警戒感は薄れ、一気になだれ込みました。
恐らく迷走が正常をもたらす展開になりますが、この間にドルの損失確定売りが急増しています。

膨張したリスクを好むマネーは、正常化した為替市場には戻らないでしょう。


☆「総合生命保険代理店 Adual(アデュアル)」のホームページはこちら
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。