映画は映画館で観る - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

宮本 ゆかり
マイウェイネットワーク 
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

北島侑果
(司会者)
鈴木 達也
(ビジネススキル講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

映画は映画館で観る

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
夢を実現する力 私が“成幸”するまでに掴んだ教訓
実は私、昔は、そんなに映画を見ない人でした。
見たとしても、レンタルビデオ屋でたまに借りて見るぐらい。

しかし、あるメンターとの出逢いを通じて、

「映画は、絶対、映画館に行ってホンモノを見ること」
という教えを受けたのです。

そのメンターは、全国の大学生の教育指導を行なっている方で、大学生に対しても、それを推奨しているとのこと。

それ以来、我が家では、家族そろって映画館へ行くようになりました。

よく「小さい子がいるから行けない」
というお母さんがいますが、うちは生後2ヶ月から連れて行っています。
〔赤ちゃんのうちは、泣きそうになるとミルクをやってました〕

だから、映画館で「場をわきまえる」という空気を読む力がそなわって、それ以来、1歳、2歳、3歳・・・ずっといっしょに連れていってます。


映画館には、「ある種の気」があります。
そもそも、映画代を払ってまで観ようという人達が集まる場ですから、まずそこからが違います。

更に、映画から受け取るメッセージ、画像、音響・・・すべてが、感性をゆさぶります。〔DVDとはぜんぜんレベルが違います〕

だから、自分の感性を高め、向上させるためにも
映画館へ行って映画を見る、という行為は大切な自己投資だと思います。


成功している人達は、例外なく映画をよく見てます。
しかも、忙しい時間の合間をぬって、映画館に足を運んでいるのです。